レビトラは効果を倍増させるリスクもある

バイアグラの問題点を克服するために研究開発をされてきたレビトラの特徴を4点ご紹介したいと思います。
1番目は<効果がでてくるまでの時間>です。

バイアグラの場合は服用後1時間ほど必要とされています。

レビトラの場合は服用後15分から30分程度で効果がでてくるので前戯や濃厚なディープキスやペッティングをしながらで充分でしょう。
2番目は<服用するタイミング>です。

バイアグラは空腹時に服用することが必要とされていました。

レビトラの場合は空腹時でなくても効果があり利用できるとなっています。

しかし、より効果を高めたいならば空腹時をお薦めいたします。
3番目は<持続時間>です。

バイアグラの勃起促進効果が持続できるのは3時間から4時間程度になっています。

レビトラの場合は20mg錠で8時間から10時間程度ですからロングのSEXも楽しめます。
4番目は<副作用>です。

報告されているのは「顔の火照り」「頭痛」「鼻づまり」「消化不良」などの症状です。

レビトラはバイアグラ・シアリスと比較すると使用禁忌薬が多いのが特徴です。

専門医の指示に従って服用するようにするか、説明書をキチンと読んで飲み合わせに注意をすることが大切です。
レビトラ10mgとバイアグラ20mgが同じ程度の効果です。

日本国内ではレビトラ20mgが最も効果があるED治療薬だと言えそうですね。

もちろん認可されていないED治療薬はのぞきます。
そしてグレープフルーツやグレープフルーツジュースを摂取後の服用は注意したほうが良さそうです。

効果を倍増させるリスクがありとっても危険です。